居抜き物件を活用する

少ない経費で憧れのお店を開業したいと考えている方は居抜き物件を上手に活用しましょう。居抜き物件は必要な備品や機器がそろった状態で前の管理主が出ていったため、それらの機器等を使うことが出来ます。そのため、初期にかかる経費を抑え、お店を開業することが出来ます。

そんな居抜き物件ですが、どのようにして物件を探したらよいのかわからない方に向けて、こちらのランキングサイトを紹介します。こちらでは、居抜き物件の紹介を行っている紹介会社を数多くランキング形式で紹介しています。

居抜き物件選びの際、信頼できる業者から物件を購入することが重要となります。だからこそ、こちらのサイトを活用することで安心して購入することが出来る業者を簡単に探し出すことが出来るため非常に便利です。開業で失敗しないためにも、こちらのサイトを上手に活用しましょう。

居抜きカフェ

評価 ★★★★★
サービス度 ★★★★★
情報の多さ ★★★★★
利用しやすさ ★★★★★
満足度 ★★★★
POINT
居抜き物件をピンポイントで探せる
集客するために必要な情報が集まってる
居抜きに特化してる為に起業する際は少ないリスクでおこなえる

居抜き物件の最大のメリットは少ない初期投資で開始できるところです。0から自分の思うように創ると莫大な金額がかかりますます。内装に金額が掛かるのは気が付き易い点ですが盲点は電気工事費です。特に業務用の機械などは200Vで使用する機材も多く、行う事業内容では〇十万円の配線工事や契約などにかかり、新規での大きなデメリットです。

少ない資金で始められる事業でおススメは「居抜きカフェ」です。大きい機材が要らない、機材の価格も安いです。例えばパン屋などで使用されている業務用オーブンは安くて100万円~です。機材を置く空間が必須です。カフェの一番の魅力は空間の提供です。味にこだわる事も大事ですが良い空間で味わなければ美味しさも伝わりません。

空間を0から創るのは経験が必要です。それを補ってくれるのが居抜きの魅力です。出来上がってる空間を自分好みで修正するのみですので短時間、低予算で行えます。数多くの居抜き物件を探しやすいのがこちらの魅力です。

ABC店舗

評価 ★★★★★
サービス度 ★★★★★
情報の多さ ★★★★
利用しやすさ ★★★★★
満足度 ★★★★
POINT
飲食店の居抜き物件を専門とする不動産会社
東京23区・都下全域・神奈川・千葉・埼玉と豊富な物件情報をウェブ上に掲載
他では知られていないオリジナル物件の取り扱い

飲食店には、水回りをはじめとして専用の設備が必要です。そのため、開業には大きなコストがかかってしまいます。それを抑えるのが元々飲食店であった居抜き物件の再利用です。ABC店舗は、飲食店の居抜き物件専門の不動産会社なので、提供できる物件情報の数や専門知識に大きな強みがあります。

ABC店舗では、東京23区だけでなく、都下全域・神奈川・千葉・埼玉と首都圏の居抜き物件情報を豊富に取り扱っています。また、それらの内容はウェブ上で簡単に閲覧することができます。ホームページでは、興味のある地域・路線・業態そしてキーワードから検索を行うことができ、希望に合った物件情報を探し出すことができます。

ABC店舗では、他の不動産会社では取り扱っていないオリジナルの居抜き物件を、東京を中心に数多く取り扱っています。ABC店舗でしか得られない情報は大きな魅力で、掘り出し物が見つかるかもしれません。

居抜き市場

評価 ★★★★
サービス度 ★★★★
情報の多さ ★★★★
利用しやすさ ★★★★
満足度 ★★★★★
POINT
飲食店に特化した希少な物件の取り扱い。
様々な物件のタイプによる特集。
特別なサービスが受けられる会員登録。

飲食店に特化した居抜き物件を探しているなら、居抜き市場の利用が最適です。居抜き市場では他社ではまだ流通していない希少な物件情報が取り扱われており、良い条件の物件を見つけることができると注目されています。

居抜き市場では物件のタイプ別に特集が組まれており、探している物件をすぐに見つけることができます。物件のタイプには注目物件や駅近物件、低予算物件や値下物件があります。気になる特集があれば、まずここから探してみてください。

居抜き市場では様々なメリットが受けられる会員登録サービスも用意されています。会員になると限定物件を閲覧することができたり、希望物件をメールで知らせてもらうことができます。

居抜き店舗.com

評価 ★★★★
サービス度 ★★★★
情報の多さ ★★★★
利用しやすさ ★★★★
満足度 ★★★
POINT
webマーケティングによる優良な出店希望顧客を多数保持
的確で豊富な飲食設備や適切な立地を選ぶ知識が備わってる
多数のお取引を行ってる不動産業者より、未流通物件の情報を定期的に取得

居抜き店舗.comでは、店舗賃貸事業などの居抜き物件の情報を掲載してます。店舗賃貸事業のパイオニアとして、今や飲食店開業がスタンダードになっており、居抜き物件での出店される方が多くなってます。貸主様から相場賃料で賃借し、賃料収入安定化に寄与すると共に、出店者には開業費用の削減・希少物件情報の提供、閉店者様には撤退費用の軽減が出来るシステムが整ってます。貸主・不動産業者・出店者に多大なるご支持され、賃貸借契約を保有する管理物件数は毎月20~30件ずつ増加してます。

webマーケティングによる優良な出店希望顧客を多数保持されてることです。的確で豊富な飲食設備や適切な立地を選ぶ知識が備わってます。多数のお取引を行ってる不動産業者より、未流通物件の情報を定期的に取得出来てます。期日内の入金率が年平均99.72%で、高い目標を掲げ、最速・最短でのスピード決済あど出来てることが強みとなってます。

成約に最大限拘りを持ち、より正確に、より詳細に、より迅速にをモットーに、関わる方々全てに有益な情報を提供し続けてます。今後は人的サポート力を更に高め、目標を月間純増50件・年間純増600件と掲げ、様々な新しいチャレンジと成長を実現させることで、圧倒的なトップランを目指します。

居抜き本舗

評価 ★★★
サービス度 ★★★
情報の多さ ★★★★
利用しやすさ ★★★
満足度 ★★★★
POINT
店舗なんでも即売会というサービスを提供
海外出店サポートのサービスをやっている
資金調達のサービスをやっている

居抜き本舗は多数の居抜き物件を取り扱うサイトです。このサイト運営をしている会社は東京都の渋谷区宇田川町にあり、宅地建物取引業免許として東京都知事免許の(1)第95198号を取得しています。なおその居抜き物件の取扱エリアは離島を除く東京都と神奈川県を対象にしています。

その居抜き物件の取扱では賃貸としての仲介業務を主な活動内容にしています。しかしこれとは別に移転や閉店のための店舗買取や売却も行っています。そのうちの店舗売却に関してここでは店舗なんでも即売会というサービスを展開しています。これは建物の一部に致命的な問題を抱えている物件を格安で売却しようという趣旨のサービスとなっています。

また居抜き本舗では、出店のための資金調達サービスや海外出店サービスなども展開しています。海外出店サービスではジャカルタなどの事例が掲載されています。資金調達サービスでは金融機関からの融資をしてもらうための具体的な資料作成などの支援をしたりなどしています。

店舗LAND

評価 ★★★
サービス度 ★★★★
情報の多さ ★★★★
利用しやすさ ★★★
満足度 ★★★
POINT
首都圏の居抜き物件を豊富に取り揃えています。
飲食店に特化した物件を厳選しています。
豊富なノウハウでさまざまなサポートをご提供しております。

長らく修行や下積みで経験を積んで、そろそろ独立したい、脱サラして飲食店を始めたいと考えている人もいらっしゃることでしょう。そんな人たちがもっとも頭を悩ませていることは、やはりどこにお店を出すのか、物件をどこに決めるかではないでしょうか。

どんなに味や技術が素晴らしくて、素材などにこだわった料理等を提供しても、お店の立地があまり良くないと商売も軌道には乗りませんし、商売を続けていくこと自体が困難になってきます。やはりしっかりとした情報や経験豊富な業者等からアドバイスをもらうことが大事になってきます。

例えば飲食店の居抜き物件の取り扱いに特化した店舗LANDでしたら、最適な立地の居抜き物件を紹介してもらえます。また飲食店に特化していますので、開店までのノウハウやオープンしてからの運営に関しても、的確なアドバイスを得ることが出来ます。独立を考えているなら相談してみることをお勧めします。

居抜き物件で必要なコストを知っておく

飲食店などを新たにオープンをするとき、どのようなコストがかかるかです。多くの場合、店舗は賃貸を利用します。住宅を借りるのと同様、敷金、礼金、仲介手数料などがかかります。そして毎月の賃料がかかります。
一から店づくりをするのでその改装費、備品なども必要になります。居抜き物件を利用する時には、店づくりに関する部分の費用、備品の費用などを抑えることができます。数百万かかることもあるので、この部分が減らせるのはかなり助かるでしょう。
しかし注意も必要です。別途コストがかかる場合があります。それは、造作譲渡料です。前のオーナーが一定のコストをかけて造作した部分に対して、請求されることがあります。こちらは必ずかかるとは限らず、無償のことも多いです。ただ、いい設備などが残されている場合に、一定金額負担が必要になることもあることを覚えておきましょう。


居抜き物件が十分な電気ガスなどが使えるか

生活に必要なインフラとして、電気、ガス、水道があります。その他に通信なども必要になるでしょう。電気などは、通常の家庭と業務用とでは扱える容量が異なる場合があります。
容量が足りなければ、工事をしないと使うことができません。居抜き物件を利用するとき、見た目がきれいなので契約をしてしまうことがあります。しかし電気やガス、水道などが十分使えないと営業に支障が出ることもあります。ガスなども、火力が弱かったり、水道の量が少ないこともあります。どれくらい使えるかは、物件の基本的な情報をみれば確認することができます。
中華料理店などであれば、ガスの火力が重要になるので、条件に合っているか確認しましょう。エステなどなら電気を使うことも多くなります。十分に電気の供給が得られるか見ておいた方が良いでしょう。契約や簡単な工事で対応できることもあります。


居抜き物件をリフォームして使う

新しい住宅を購入するとき、新築ではなく、中古をリフォーム、リノベーションする考えがあります。物件は古いものの、設備などはすべて新しくするので新築のように住むことができます。
コストは新築を購入するよりかなり安くできます。お店を借りるとき、通常はスケルトンと呼ばれる打ちっぱなしの状態で明け渡しがされます。一から店を作るため、かなりコストがかかります。そのコストを減らせるのが居抜き物件の利用です。そのまま利用すれば、コストをかけずにオープンが可能です。新たにオープンをするとき、できればきれいな状態にしたいでしょう。
その場合、居抜きをリフォームして使うことを考えましょう。元々の店の雰囲気は残しつつ、部分的に新しいものに変えます。コストは少しかかりますが、一から作るよりもかかりません。新しいお店の雰囲気も出せます。

PAGE TOP